テレワーク、在宅勤務でのコミュニケーション課題を解決
音声会議、ビデオ会議、チャット、画面共有のすべてを1つのツールで実現
仮想オフィス空間を利用し、離れた場所でも一体感をもって業務を実施

Sococo 仮想オフィス(コミュニケーション)ツール

効率そのままでコスト削減・人材確保

・社員の出張費・交通費が節約できます。
・会議室の予約は必要ありません。
・社員が在宅で働き続けられるので、離職率を低下させ、優秀な人材を確保できます。

営業活動の効率アップとコミュニケーション向上

・営業が訪問先から事務所の社員をタイムリーに打ち合わせに参画させることができます。
・iPhoneやiPadで出先から社内会議に参加することができます。

ITが苦手な方でも簡単に操作

・マウス操作のみで操作可能です。
・画面上で相手の名前をタッチして呼び出すだけで、そのまま会話ができます。

Sococoの仮想オフィス空間で音声、ビデオ、チャット、画面共有することにより、遠隔地にいる社員の方とも、あたかも傍にいるかのような一体感を持って業務に取り組むことが可能になります。

テレワーク導入の課題

欧米に比べ、日本のテレワークの導入率が低い理由のひとつに働き方の違いがあります。

Sococoは、単なるテレビ会議システムや無料通話ソフトとは違い、
クラウド上の仮想オフィスを利用したコミュニケーションツールです。

  • 誰が在席しているのか、誰が会議中なのか、アバターで一目瞭然
  • ちょっとした相談でも、上司の席(部屋)へ行って気軽に会話
  • 文字で説明しにくいことは動画で。ボタン1つでカンタン切り替え
  • 作業に集中したい等、自分の勤務状態も細やかに表示可能

Sococoでは、こんな “ちょっとした” コミュニケーションまで実現できます。

Sococoの優位性 テレビ会議システムとの比較

利便性
テレビ会議システム:特定の部屋にしか専門機器が設置されておらず、会議するにも予約が必要
Sococo:PC内臓カメラとマイクを使用すればいつでもどこでも会議が可能
コスト
テレビ会議システム:専用機器が必要なので、費用が高い
Sococo:高価な専用機器は不要
操作性
テレビ会議システム:テレビ会議をするために機器の設定が必要だが、複雑でよくわからない
Sococo:PC操作に不慣れな人も、ボタン一つで会議への参加が可能
シームレス
テレビ会議システム:複数の会議へ参加する度に接続しなおすか、物理的な会議室の移動が必要
Sococo:その場にいながらボタン一つで複数会議のかけもちが可能
汎用性
テレビ会議システム:テレビ会議システムでは社外の方との打ち合わせができない
Sococo:ゲストアクセス機能を使えば、テレビ会議システムがない社外の方とも打ち合わせが可能

主な機能

音声
チームメンバーのいる仮想オフィスをクリックするだけで、すぐに会話を始められます。
チャット
仮想オフィス内のメンバーとプライベートチャットやグループチャットが可能です。
ゲストアクセス
メンバー登録の無い社外の方でも、プログラムをインストールすることなく仮想オフィスへ来社、打合せが可能です。
ビデオ
画面上で相手の表情を見ながら反応をチェックできるので、メンバーとの連携をより深めます。
電話
移動中のメンバーや、メンバー以外の人にも仮想オフィスの電話からすぐに連絡できます。
モバイル
iPhone & iPad版 Sococoによって最適なモバイルコラボレーションを実現します。
マルチスクリーン
一度に複数の画面を表示できるので、すべてのメンバーが同時に画面を共有することができます。
アプリケーション統合
仮想オフィスでGoogleドキュメント、JIRA、Boxなどのクラウドアプリケーションがいつでも利用可能です。
セキュリティ
すべての通信は銀行レベルの安全な暗号化で保護されるので安心です。

お問い合わせ

Sococoに関するお問い合わせは、下記お問い合わせフォームよりお願いいたします。
※お問い合わせの状況や内容により、回答までにお時間をいただく場合がございます。

Sococoお問い合わせフォーム

お知らせ・イベント情報

お知らせ・イベント情報の一覧を見る

FAQ(よくあるご質問)

FAQの一覧を見る